KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

脂肪族化合物

脂肪族化合物に関する基礎事項を学ぶ学問

カルボン酸とエステルの構造・命名法・性質・製法・各種反応まとめ
カルボン酸とは カルボン酸とはカルボキシ基(-COOH)をもつ化合物のことだ。 カルボン酸の名称 カルボン酸の名称はほぼ全て慣用名である。ここでは代表的なカルボン酸の名称を紹介しておこう。 *カルボン酸の「価数」はカルボキシ基の数を表してい...
【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!
アルデヒドとは アルデヒドとはアルデヒド基(-CHO)を持つ化合物のことだ。 アルデヒドの名称 アルデヒドは慣用名で呼ばれることがほとんど。従って、ここでは代表的なアルデヒドの慣用名を紹介しておこうと思う。 アルデヒドの製法 基本的な製法(...
【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!
アルコールとは アルコールとは炭化水素にヒドロキシ基(-OH)が結合したもののことだ。 アルコールの命名法 アルコールの命名法は上の通り。 今回は次の2つのアルコールを例に説明していこう。 STEP1 主鎖の炭素数を見て、ベースとなるアルカ...
【保存版】アルキンの重要事項まとめ!一覧から製法、付加重合、置換反応まで徹底解説!!
アルキンとは アルキンとは、一般式CnH2n-2(n≧2)で表される、分子内に炭素炭素三重結合(C≡C)を1つ持つ鎖式不飽和炭化水素のことだ。 アルキンはアルカンからH原子を4つとったものと考えることができる。 アルキン一覧 アルキンの名称...
アルケンの特徴まとめ!一般式の作り方から一覧、命名法、製法、付加反応など!!
アルケンとは アルケンとは、一般式CnH2nで表される、炭素炭素二重結合(C=C)を1つもつ鎖式不飽和炭化水素のことだ。 アルケンは「アルカンからHが2つとれて二重結合を形成したもの」と考えることができる。 アルカンからHを2つ取るわけだか...
アルカンの重要事項まとめ!一般式の作り方から一覧、命名法、製法、置換反応など徹底解説!!
アルカンとは アルカンとは一般式CnH2n+2で表される鎖式飽和炭化水素のことだ。 まずは、アルカンの一般式CnH2n+2がどのようにして導き出されるのかというのを確認していこう。 アルカンの一般式の作り方 STEP1 Cの数をnコとする ...
有機化合物の表記法〜分子式・示性式・構造式〜
はじめに 有機化合物の表し方として、以下の3つを押さえておく必要がある。 分子式 示性式 構造式 これらについて、順番に説明していく。 分子式 分子式とは、分子を構成している原子の種類とその数を表してた式のことだ。 例えばエタノールでは、炭...
基本的な官能基一覧
官能基一覧    官能基名 官能基 ヒドロキシ基 OH カルボニル基 C=O アルデヒド基 CHO カルボキシ基 COOH スルホ基 SO3H ニトロ基 NO2 アミノ基 NH2
【保存板】高校化学で出てくる異性体完全まとめ!〜分類から個別の解説まで〜
異性体とは 異性体とは分子式は一緒で構造の異なる物質のことだ。 この例だと、分子を構成している原子やその数は一緒だけどヒドロキシ基の付いている位置が異なっているね。 異性体の分類 異性体は、大きく構造異性体と立体異性体に分類される。 また構...

スポンサーリンク