KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

pHが0になるとき

約 2 分

スポンサーリンク

pHが0になるとき

pHの範囲は基本「0から14」だったけど、実際問題を解いていてpH=0という状況になることはほとんどないよね。
本当に0になることがあるんだろうか。今回はそこを確かめてみようと思う。

おすすめ記事
基本的な計算法から希釈液や混合液など複雑なものまで!「高校化学pH計算完全マスター講座!!」

1[mol/L]の塩酸(HCl)のpHを求めてみよう。

塩酸は強酸のため、基本的に完全電離する。

HCl→H++Cl

反応式の係数より、1molのHClから1molのH+が生成するから、元のHClの濃度はH+の濃度と等しくなるね。
(化学反応式と係数の関係については化学反応式を参照!)

つまり、H+の濃度は「1mol/L」なわけだ。

これを、pHの公式に当てはめると…

pH=-log[H+]=-log1=0

「pH=0」になるね。

以上より、pHが0になるときというのは計算上「存在する」ということがわかった。
いざテストで出てきても、落ち着いて対処できるようにしておこう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク