KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

高校化学で出てくる「化合物の保存・取り扱い方法」完全まとめ!!

約 3 分

スポンサーリンク

はじめに

高校化学・化学基礎で出てくる化合物には、その保存法や取り扱い法に関して注意が必要なものが多くある。
今回はそれらの注意事項に関して徹底的にまとめてみた。大学入試でも頻出な部分なので、しっかりと覚えきるようにしよう。

保存法一覧

  

化合物 保存法・注意点
黄リン 黄リンは空気中で自然発火することがあるため、水中で保存する。(同素体である赤リンは自然発火しない)
また、空気中で黄リンが燃焼すると十酸化四リンが生じる。
アルカリ金属
(Na,Li)
アルカリ金属(Na,Li)は、酸素O2や水H2Oと反応するので、石油中に保存する。
アルカリ土類金属
(Ca)
アルカリ土類金属(Ca)は、常温で水H2Oと反応し水素を発生するので、水中に保存してはいけない。
水酸化ナトリウム

水酸化カリウム

水酸化ナトリウムと水酸化カリウムは潮解性(空気中の水分を吸う性質)があるため、湿気を避けて保存する。
また、この潮解性ゆえに、実験を行う際には「手早く行い」「手に付いた場合にはすぐに大量の水で洗い流す」などの注意が必要である。
濃硝酸 濃硝酸は、光が当たると二酸化窒素NO2と酸素O2に分解する。従って、褐色ビンに入れて暗所で保存する。
ハロゲン化銀 ハロゲン化銀は、光と反応して単体の銀を析出する。従って、褐色ビンに入れて保存する。
また、ハロゲン化銀は「光と反応して単体の銀を析出する」という性質を利用して、写真フィルムの感光材に用いられるということも知っておこう。
フッ化水素酸 フッ化水素酸は、弱酸でありガラスの主成分の二酸化ケイ素SiO2を溶かしてしまうため、ガラス瓶中に保存できない。
従って、ポリエチレンなどのガラス以外の容器に保存する。
また、フッ化水素酸は腐食性が強いので、扱う際にはゴム手袋を着用するということも押さえておこう。

取り扱い法一覧

  

化合物 取り扱い法・注意点
水素 可燃性なので、しっかり換気をし、火気を避けて扱う。
アセトン 揮発性で引火しやすいので、火気を避けて取り扱う。
濃硫酸 濃硫酸に水を入れると、突沸を起こし周りに液体が飛び散る恐れがある。
従って濃硫酸の希釈を行う際は「水に硫酸を加える」という方法で行う。
重金属イオン 重金属イオンは生物に有害であるため、流しには捨てずに、別の容器(廃液入れ)に入れる。
硫化水素

塩素

硫化水素や塩素は呼吸器系や目に有害であるため、常に換気を行いながら取り扱う。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク