KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

目指せ乾燥剤マスター!高校化学で出てくる酸性・中性・塩基性の乾燥剤の一覧や分類・仕組みを徹底解説!!

約 3 分

スポンサーリンク

はじめに

実験によって気体を発生させる場合、気体によって使っていい乾燥剤と使ってはいけない乾燥剤がある。

ここでは、各気体において使用可能な乾燥剤・不可能な乾燥剤の種類やその理由などを説明していこうと思う。

乾燥剤の仕組み

まずは、乾燥剤がそもそもどのように気体を乾燥させているのかというところを確認していこう。

乾燥剤の中に気体を通すと…

気体に付いている水分が乾燥剤に吸着し、結果的に気体が水分を失う、つまり乾燥されるんだ。

乾燥剤が使える場合、使えない場合

乾燥剤には、気体によって使えるものと使えないものが存在する。
ここでは、”酸性の気体を乾燥剤で乾燥させる場合”を例に説明していこう。

まずは、酸性の気体を乾燥させる時に酸性の乾燥剤を使うとしよう。

この場合は、問題なく乾燥させることができる。

では、酸性の気体に塩基性の乾燥剤を使うとどうなるだろうか。

酸性と塩基性を合わせると、当然ながら「酸塩基反応」が起こる。
その結果、(酸塩基反応の結果塩ができたりして)乾燥剤を通した気体をそのままの状態で得ることが難しくなってしまうんだ。

このように、気体と乾燥剤は「反応が起こらない」ような組み合わせを選んで使う必要がある。
どの気体にどの乾燥剤を使うことができるのか、最後に表にしてまとめておいたから是非見てみてほしい。

乾燥剤の分類・一覧

酸性気体 塩基性気体 中性気体
酸性の乾燥剤 P4O10 ×
濃硫酸
H2SO4

(H2Sは酸化還元反応をするので×)
×
塩基性の乾燥剤 ソーダ石灰
(CaO+NaOH)
×
中性の乾燥剤 塩化カルシウム
CaCl2

NH3は反応してCaCl2・8NH3を作ってしまうため×

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク