KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

銅の単体・酸化物・銅原子を含む塩の性質や製法について完全解説!

約 3 分

スポンサーリンク

単体の性質

銅の単体の性質として知っておいてほしいのは上の5つ。
順番に確認していこう。

展性・延性がある

銅の単体は、展性・延性をもつ。

これらは銅だけでなくあらゆる金属に共通する性質だが、銅は特にこの性質が強い。
よく覚えておこう。

電気伝導性をもつ

金属は基本的に電気を通す性質(=電気伝導性)をもつが、銅は特にこの性質が強い。
それ故、理科の実験等でもよく銅線が使われているんだね!

赤色である

銅の単体は基本的に赤色をしている。
他の多くの金属は銀に近い色をしているので、銅の特徴の1つとして考えることができる。
よく覚えておこう。

イオン化傾向がH2より小さい

銅は、イオン化傾向がH2より小さい。

従って、酸化力の強い酸(希硝酸・濃硝酸・熱濃硫酸)や王水と反応して銅イオンとなることはできるが、水や希酸とは反応できない。
(イオン化傾向に関して詳しいことは「イオン化傾向」を見てね!)

やわらかい

銅の単体は比較的柔らかめの金属であるので、(主に硬度を獲得するために)ニッケルやスズなど他の金属と混ぜて”合金”にして用いることがある。
  

黄銅 Cu+Zn
青銅 Cu+Sn
白銅 Cu+Ni

酸化物

銅の単体を空気中で酸化すると、黒色の酸化銅(Ⅱ)CuOが生じる。

Cu → CuO(黒色)

ここでさらに高温にすると、赤色の酸化銅(Ⅰ)Cu2Oが生じる。

CuO → Cu2O(赤色)

Cu2Oはフェーリング反応によって生じる物質であり、アルデヒド基(ーCHO)の検出に用いられる。(詳しくは有機で)

銅を含む塩

銅を含む塩として入試等で頻出なのは「硫化銅(Ⅱ)CuSO4」だ。

先ほど酸化物のところで登場したCuOは塩基性酸化物の一種であり、酸である硫酸H2SO4と以下のような反応を起こす。

CuO + H2SO4 → H2O + CuSO4

この反応により生じたCuSO4水溶液から結晶を析出させると、青色のCuSO4・5H2Oを得ることができる。
このCuSO4・5H2Oを加熱していくと、徐々にH2 Oがとれていって最終的に無水和物であるCuSO4の白色沈殿となる。

銅の製法

銅は、粗銅の精製と電解精錬を行うことによって工業的に作られる。
製法の詳しい仕組みなどに関しては「銅の工業的製法「粗銅の精製・電解精錬」について完全解説!〜仕組みから陽極泥の詳細まで〜」を見てね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク