KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

遷移元素に共通する性質まとめ

約 2 分

スポンサーリンク

遷移元素とは

遷移元素とは、3〜11族の元素のことだ。

遷移元素は全て金属元素であり、鉄や銅をはじめ入試や定期テストでも頻出の元素が多い。
以下に書いてあることはすべて理解し、覚えるようにしよう。

遷移元素の特徴

遷移元素に共通する基本的な特徴は以下の4つ。

それぞれ順番に説明していこう。

【特徴1】周期表の横隣で性質が似ている

遷移元素は、周期表の横どなり(=同周期)で性質が似たような性質を示すことが多い。

典型元素は逆に縦(=同族)で性質が似ていることが多いので、対比して聞かれることがある。
よく覚えておこう。

【特徴2】1つの元素が複数の酸化数をとる

遷移元素は、1つの元素が様々な酸化数をとることがある。

酸化数について詳しいことは「酸化数」を見てね。

【特徴3】錯イオンを形成するものが多い

遷移元素は、錯イオンを形成するものが多い。

錯イオンについて詳しいことは目指せ錯イオンマスター!錯イオンの「色・配位数・形・価数・命名法」まとめ!!を見てね。

【特徴4】イオンに色がついているのものが多い

遷移元素のイオンや化合物は、着色しているものが多い。

イオンの色について詳しいことは「【保存板】高校化学で頻出の「イオン・沈殿の色」総まとめ!!」を見てね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク