KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

理論化学は、計算問題が中心の分野。「酸・塩基」「酸化・還元」「平衡」などの単元を学習する。苦手な人が多い部分であるので、基礎から順番に固めていこう。
無機化学は、理論化学と非常に密接な関係がある。両者をバランスよく学ぶことで本物の実力を身につけよう。
「構造」に注目することが、有機化学マスターへの近道。官能基の名称を覚える所から構造決定まで高校有機を完全解説。

Page 2

芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応
芳香族アミンとは 芳香族アミンとはベンゼン環にアミノ基(-NH2)が付いた化合物のことである。 高校化学で出てくる芳香族アミンの9割はアニリンであるため今回はアニリンに特化して説明していこうと思う。 アニリンの製法 アニリンはニトロベンゼン...
芳香族カルボン酸(安息香酸・サリチル酸)の構造・製法・性質・反応
芳香族カルボン酸とは 芳香族カルボン酸とはベンゼン環にカルボキシ基(-COOH)が置換した化合物のことである。 芳香族カルボン酸の種類 ・安息香酸 ・サリチル酸 高校化学で頻出の芳香族カルボン酸は安息香酸とサリチル酸の2つ。これらについて順...
【保存版】フェノール類の名称・製法・性質・反応まとめ!!
フェノール類とは フェノール類とはベンゼン環の水素H原子がヒドロキシ基(-OH)で置換されたものである。 フェノール類の名称 フェノール類はアルコールと同様に語尾が「オール(ol)」になる。 フェノールの製法 クメン法(現代の工業的製法) ...
アルキルベンゼン(トルエン・キシレン)の構造・製法・反応
アルキルベンゼンとは アルキルベンゼンとはベンゼンにアルキル基(メチル基-CH3・エチル基-CH2CH3など)が置換した化合物である。今回はアルキルベンゼンの中でも特に重要であるトルエンとキシレンについて説明していこうと思う。 トルエン ト...
ベンゼンの構造・製法・反応
ベンゼンとは ベンゼンとは分子式C6H6で表される正六角形の環状化合物である。 ベンゼンの特徴 ・共鳴をする ・すべての原子が同一平面上に存在している ・安定な環のため付加反応よりも置換反応の方が起こりやすく開環しにくい ベンゼンについて知...
カルボン酸とエステルの構造・命名法・性質・製法・各種反応まとめ
カルボン酸とは カルボン酸とはカルボキシ基(-COOH)をもつ化合物のことだ。 カルボン酸の名称 カルボン酸の名称はほぼ全て慣用名である。ここでは代表的なカルボン酸の名称を紹介しておこう。 *カルボン酸の「価数」はカルボキシ基の数を表してい...

スポンサーリンク