KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

金属板の融解とイオン化傾向

約 2 分

スポンサーリンク

金属板の融解とイオン化傾向

金属板の融解は、イオン化傾向に基づいて起こる。
どのような仕組みになっているのか、確認していこう。

おすすめ記事
仕組みから分極する理由まで完全解説!「ボルタ電池」

例:亜鉛(Zn)板と硫酸鉄(FeSO4)水溶液

亜鉛(Zn)板と硫酸鉄(FeSO4)水溶液があるとしよう。

硫酸鉄(FeSO4)は水溶液なので、Fe2+とSO42-に電離しているね。

ここで、硫酸鉄(FeSO4)水溶液の中に、亜鉛(Zn)板を突っ込む。

すると「鉄(Fe)より亜鉛(Zn)の方がイオン化傾向が大きいので」亜鉛(Zn)板が溶け出して亜鉛イオン(Zn2+)となる。

また、イオン化傾向の小さいFe2+は単体(Fe)に戻って亜鉛板に貼り付く。

おすすめ記事
電池を考える上で重要なイオン化傾向について徹底解説!「イオン化傾向」

例:銀(Ag)板と硫酸銅(CuSO4)水溶液

もう1つ例を見てみよう。

ここに銀(Ag)板と硫酸銅(CuSO4)水溶液がある。

硫酸銅(CuSO4)水溶液の中に、銀(Ag)板を突っ込む。

すると、AgはCuよりもイオン化傾向が小さいので、Agは溶けず、なんの反応も起こらない。
すでにイオン化傾向の高いCuがイオンとなっているのに、イオン化傾向の低いAgがイオンになることは出来ないわけだ。

こんな感じで、金属板の融解とイオン化傾向には深い関係がある。
溶けるのか、溶けないのか。きっちり見分けられるようになろう。

演習問題

練習問題を載せておくので解いてみてね。(演習問題1(金属板の融解とイオン化傾向)

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク