KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

高校化学「比熱を使った計算の解き方」完全マスター講座!!

約 4 分

スポンサーリンク

熱化学で出てくる計算の種類

熱化学で扱う計算は主に三種類。

【パターン1】

複数の熱化学方程式が与えられている場合

【パターン2】

比熱が与えられている場合

【パターン3】

結合エネルギーが与えられている場合

この3種類のうち、今回は「比熱を使った計算」に絞って説明していこうと思う。
もし複数の熱化学方程式が与えられている場合や結合エネルギーが与えられている場合の計算について知りたかったら高校化学「複数の熱化学方程式を使った計算」完全マスター講座!!高校化学「エネルギー図・ヘスの法則を使った計算の解き方」完全マスター講座!!を見てみてね!

おすすめ記事
複数の熱化学方程式を使った計算問題を完全マスター!高校化学「複数の熱化学方程式を使った計算」完全マスター講座!!

比熱を使った計算の解き方

比熱を使った計算は、与えられた値を上の式に代入するだけで解くことができる。

例題を用いて説明していこう。

【例題】
25℃の水1000gを45℃に上昇させるために必要な熱量は何kJか。また、40℃になった水に8.4kJの熱量を加えたら、水温は何℃まで上昇するか。ただし、水の比熱を4.2J/g・℃とする。

まず、1文目の方。
先ほど紹介した文に、与えられた値を全て代入すると…

熱量(J)
=4.2×10-3(kJ/g・℃)×1000(g)×(45-25)(℃)
=84(kJ)

次に、後ろの文。

何℃まで上昇するかを求めるので、温度変化の後の方をtと置き計算する。

4.2×10-3(kJ/g・℃)×1000(g)×(t-25)(℃)=8.4(KJ)

よって、t=27(℃)

おすすめ記事
ヘスの法則やエネルギー図を使った問題を完全マスター!高校化学「エネルギー図・ヘスの法則を使った計算の解き方」完全マスター講座!!

問題演習

問題

【1】

水の比熱を4.2j/(g・K)であるとき、以下の問いに答えなさい。

(1)25℃の水100gを35℃に上昇させるために必要な熱量は何Jか。
(2)10℃の水200gに8.4kJの熱量を加えたら、水温は何℃になるか。

解答

【1】(1)4.2(J)
   (2)20℃

解説

【1】

比熱を使う計算は、与えられた値を次の式に代入することで求めることができる。

(1)

上の式に全ての値を代入すると…

熱量(J)
=4.2×10-3(kJ/g・℃)×100(g)×(35-25)(℃)
=4.2(J)

(2)

上の式に全ての値を代入すると…

4.2×10-3(kJ/g・℃)×200(g)×(t-10)(℃)=8.4(KJ)

よって、t=20(℃)

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク